ABOUT

会社案内

社長あいさつ

代表取締役 冨田真史

大型の工場と最新機器の活用で、
働く個人と社会の幸せを目指す。

一般建設から公共施設まで建築鉄骨加工業として、福井県をはじめ滋賀・京都・名古屋を商圏に幅広く携わっています。創業は昭和4年で、溶接業として県内で1〜2位を誇る歴史を持ちます。平成4年に南越前町の工業団地に移転し、現在3,700坪の敷地に3つの大型工場を設けています。これは取り扱う鋼材が巨大なため、安全な作業環境の確保や効率的でスムーズな作業工程レイアウトに配慮してのことです。また、働く人のより快適な労働環境を実現するべく、半自動溶接機や溶接ロボットといった最新機器などもいち早く導入しています。今後はAIなども取り入れ、働く個人の幸せ、その家族の幸せ、ひいては社会の幸せが一体となるような経営を目指していきます。

会社概要

社名
テックル株式会社
代表者
冨田真史
所在地
915-0063
福井県南条郡南越前町鯖波9-5-1[Map]
Tel:0778-47-3911 Fax:0778-47-3919
事業内容
鋼構造物工事業 (福井県知事認可般-29第6613号) 国土交通大臣認定工場Hクラス (TFBH-172464)
資本金
1,000万円
年商
11.5億
社員数
18名
沿革
昭和4年12月1日:創立
昭和44年6月26日:株式会社冨田鉄工所に組織変更
平成4年4月1日:テックル株式会社に社名変更及び現在地に移転
平成19年6月:第3期増築工事
(2018年・創立89年)
敷地等
工場敷地:12,229㎡
建築延面積:9,785㎡
原寸場面積:785㎡
設備・機械
CAD(Real4):2台
NCオートドリルマシン6BH1000Ⅲ(アマダ):1台
高速形鋼切断機HK1300CNC(アマダ):1台
ショットブラストH900(新東工業):1台
NC型鋼穴明機ビームワーカー(アマダ):1台
NCオートボーラーABP1300(竹田機械):1台
開先加工機AS-35TW(マック・三協精機・ハタリ):3台
シャーリングGLS4-8(山科鉄工):1台
溶接棒乾燥機HSN(マツモト機械):1台
超音波探傷機(クラウトクレーマー):1台
溶接ロボットARCMAN-RON(神戸製鋼所)10tタイプ:2台
溶接ロボットARCMAN-MP(神戸製鋼所)15tタイプ:2台 
屋内天井走行クレーン10.0t(明和工業):1基
屋内天井走行クレーン5.0t(キトウ):16基
屋内天井走行クレーン2.8t(キトウ):3基
その他溶接機【アーク溶接機(ダイデン他):15台、CO2半自動溶接機(パナソニック他):8台、ガウジング(イミカワ電気他):4台】
​工事資格者
一級建築士:2名
二級建築士:1名
一級技能士 鉄工(構造物鉄工作業):2名
溶接管理技術者 WES8103 特別級:1名、1級:1名、2級:3名
鉄骨製作管理技術者 1級:7名
非破壊試験技術者JIS Z 2305 超音波探傷試験 レべル2:5名
非破壊試験技術者JIS Z 2305 浸透探傷試験  レべル1:1名
建築鉄骨超音波検査技術者:2名
建築鉄骨製品検査技術者:3名
建築鉄骨ロボット溶接オペレーター:2名
AW検定ロボット溶接オペレーター RC種(F)及びRP種(F):1名
AW検定工場溶接 鋼製タブ:2名
AW検定工場溶接 鋼製・代替タブ:1名
溶接技能者:11名

read more


工場

3,700坪の敷地に3つの大規模な工場を設け、鋼材の溶接をはじめ仕上げや塗装まで一貫して対応しています。巨大な鋼材を平置きできるほど広大な環境は、安全かつ効率的でスムーズな作業と、出荷までの保管管理の品質向上につながっています。

工場 1:材料の孔明け、切断、組立、半自動及びロボット溶接が行われています。

工場 2:柱の仕上げや、塗装が行われています​。

工場 3:梁の仕上げ・塗装が行われています。製品はここから現場へ出荷されます。